足底筋膜炎|症状・原因・治療法

そくていきんまくえん
Plantar fasciitis

特徴

かかとから土踏まずにかけての痛み。
歩いたり走ったりすると痛くなる。
足が地面に着くとき・離れるときが痛い。
動き出しが痛い。

原因

疲労や体重の増加などの原因が多いです。
縦アーチが崩れ足底筋膜が過剰に伸ばされたり、歩行などの際に伸び縮みさせられたことににより、微細な断裂傷が付く事で炎症が起きてしまいます。
例えるなら酷使され切れかかったゴムの様ないイメージです。
極まれに直接的な衝撃で筋膜を傷つける事もありますが、大半はこの原因です。

運動的な観点からみると、歩行時の荷重がかかると足底筋膜は伸ばされますが、荷重がかからなくなると縦アーチが上がります。
歩くということはこれを繰り返すのですが、回数が増えたり量が増える事で、炎症や疼痛を引き起こします。

治療

まずはアーチを落ちない様にする事が重要です。
土踏まずの筋肉を増強するトレーニングや負担を軽減するテーピング、過度な体重増加に気を付けるなど予防も大切です。
もし痛みが強く出ている時期は、炎症を抑えるためにアイシングや消炎剤などを使用します。
また負担がかかっている筋肉、関節の調整、鍼灸治療による東洋医学的アプローチなどを利用して治療していくこともできます。