坐骨神経痛|症状・原因・治療法

ざこつしんけいつう
Sciatica

特徴

臀部から下肢にかけての痛みやだるさ、痺れ

原因

坐骨神経は臀部から足にかけて走っている神経です。その神経は臀部にある梨状筋という筋肉の繊維の間から貫通して足に走っているので、梨状筋が疲労や負担で張ってしまったり硬くなってしまう事で坐骨神経を圧迫してしまい臀部や下肢に症状が出ます。これが坐骨神経痛です。
症状の出方は人それぞれで違い、上記以外の症状も出る事もあります。足の痙攣(足がつる)、足の冷え、筋力低下など色々な症状が出るので、打ったり、捻ったりをしていないのに痛みがあったり、下半身が全体的にだるい、痛いなどがある場合はすぐにご相談下さい。また坐骨神経の根本としては腰から出ている神経なので原因は腰にある場合もあります。

治療

のどか整体整骨院では姿勢分析をして身体の歪みを診る事によりその梨状筋が硬くなっている原因を追究し、3本の柱を駆使して、根本治療をしていきます。
同じような症状がある場合はまずご相談ください。