腱鞘炎|症状・原因・治療法

けんしょうえん
Tenosynovitis

特徴

指や手を使う時の不快感や痛み

原因

手や指を動かす筋肉は肘の方から走っており、手首の部分で腱という一つの太い繊維のかたまりになり指の方へ走っています。その腱の部分は腱鞘という腱を押さえて円滑に動かす役割をする帯で包まれています。普段は摩擦が起きない様に円滑に動くのですが、指や手の使いすぎなどでその部分に摩擦が起きてしまい炎症が起きてしまっている状態を腱鞘炎と言います。

治療

指や手を使わない様にする事が解決に繋がる一つの手段ですが、のどか整体整骨院では鍼灸治療などを使い炎症を抑えたり、治癒までの期間を早める事ができます。
よく似た症状がある場合はすぐにご相談ください。