陸上とスポーツ障害②

今回は前回に続きでオリンピックで一番有名で今回の東京オリンピックの種目別で高額金額は陸上競技の100m決勝ということで、なんと13万円という高額にもかかわらず払って行かれる人もいるのですが、その陸上短距離はどのように始まったのでしょうか?

陸上競技は紀元前777年の古代オリンピックの時にできたと言われています!!

今ではジャマイカのウサイン•ボルト選手や日本では桐生選手が10秒の壁を切って走っていて、そんな選手は全く体を痛めたことがないと思いますか??

いいえ、そんなことはありません!!

そんな短距離選手にもまられている痛めるものは、大腿裏側(ハムストリングス)の肉離れがあり、スポーツ選手でも練習や試合前のストレッチングをしておかないとこのような肉離れが起きてしまいます!!

っで…

○肉離れって一体なんなんでしょうか?
下腿三頭筋(ふくらはぎ)や大腿四頭筋(大腿前面の筋肉)ハムストリングス(大腿裏側の筋肉)の筋部分の断裂が起こってしまい、筋肉が伸ばされながら収縮することにより、筋力に負けて部分断裂を生じることを肉離れといいます!!
また体加重をかけることで痛みが出たり、圧痛を生じることがあります!!

○そんな肉離れでの治療は…

軽度の場合は、患部に超音波治療や電気治療を行いながら軽減をしていくのにつれてストレッチを取り入れて筋肉にかかる負荷を軽減を図るように行っています!!

中等度や重度の場合は、痛みの影響で正常な歩行が不可能になってしまって他の筋肉を使ってしまうために
その使っている筋肉で代償を行なってしまうのでそれを緩める手技治療を行った後、内出血が起きている場合などは丸いシールタイプの鍼を内出血部に貼ることによりな治りが早くなります!!

オリンピック種目とスポーツ障害①

今年は待ちに待った東京オリンピックYEARとなりましたね!!

オリンピック種目からくるスポーツ障害と鍼灸での治療を話していきたいと思います!!

まず初めに鍼灸師である僕は高校時代にオリンピック種目かさでもあるスポーツをしておりました!!
近年では、オリンピックでもメダルを取っているので知っている方もいると思いますが、前回東京オリンピックでは双子の兄弟がメダル取ってその娘もメダルを取ったウエイトリフティング(重量挙げ)について話したいと思います!!

ウエイトリフティングは、重りの付いたバーベルを頭上に挙げるスポーツになります!!

プロ選手でもなったことのあるのが腰のヘルニアが多くあり、ウエイトリフティングをやり始めた時に重りの付いたバーベルに負けてしまい腰を痛めてしまうことが多くあります!!

ヘルニアとは…
ヘルニアは、背骨(脊柱)のとこで起きてもおかしくなく、背骨は首から腰までに24個の骨からなり、その間にクッション材でもある椎間板というものがあり、強力な抵抗が上から下にかかった時にクッションの中のゼリー状のものが前方に脱出して神経を圧迫して神経が正常な大きさから圧迫されて腰から脚にかけて痛みや痺れが出ています!!

腕のしびれと痛み

電車やバスなどでのつり革を握ったり、物干しをした時に腕の痺れや鈍痛が来たりしたことがある人も多くないでしょうか??

そんな人はこの病気かもしれませんね…

それは胸郭出口症候群の可能性が多くあります!!!

胸郭出口症候群には…
小胸筋症候群、斜角筋症候群、頸肋症候群と言われる3つの症状があり、35歳〜55歳の女性に多く発症することが多くあります!!!

この三つの症候群を項目に分けて話します!!!

○小胸筋症候群とは…
小胸筋症候群は別の疾患名があり、その疾患名は過外転症候群ともいわれているものであり、前胸部で肩甲骨の一部で烏口突起と小胸筋腱との間で神経や血管が圧迫されることで生じてくるものになります!!!!!
○症状としては…
万歳姿勢や吊革姿勢など上肢を挙上した姿勢を長くとってしまっていると上肢の痛み•しびれ•脱力などの症状が誘発されております!!!

○斜角筋症候群とは…
第一肋骨の上端に存在する斜角筋隙(前斜角筋と中斜角筋で形成されている隙間)を腕の神経の束(腕神経叢)や鎖骨の下から腕に繋がってる動脈(鎖骨下動脈)が通っていますが、斜角筋の痙縮やや緊張によって、この部で圧迫されて、症状を起こすものであります!!!
側頸部のこりやた手首から肘まで(前腕)からと手指にかけての疼痛やしびれ•レイノー現象(手足が蒼白になる現象)を起こしてしまうことがあり、疼痛(痛み)やしびれが出る前腕の尺側(小指側)に強く現れ立ち入ることが多いです!!!
斜角筋症候群には、若い女性に多いと言われている一次性斜角筋症候群と中高年に多く見られる頸椎症などなどから起こってしまうと言われている二次性斜角筋症候群があります!!!

○頸肋症候群とは…
頸椎の一種の奇形で第七頸椎(首ので一番飛び出たところで、下向きで左右に首を動かしたときにに動く骨)の横突起が長すぎたり、下部頸椎と第一肋骨が癒合を行ったりして神経や血管を圧迫が起こってしまうものであります!!!

○肋鎖症候群とは…
第一肋骨と鎖骨の間が狭まっているために、ここで血管や神経が圧迫が起こってしまうものであり、なで肩の女性にとても多くみられております!!!

治療としては…
腕神経叢や鎖骨下動脈が圧迫を起こっている部分への治療を行っていきます!!!
手技治療では、側頸部•鎖骨上窩部•鎖骨下部などを緩めるような治療を行なっていきます!!
鍼灸治療では、側頸部•前胸部•上肢尺側などを鍼灸治療でで緩めていき神経や血管の圧迫をとり除く治療を行なっていきます!!!

当院では上記の治療などを行なっております!!

足のむくみって??

デスクワークや座っていること立ったままでいることが多い女性や男性の方は多くの方がなったり、聞いたりしたことがあると思いますが、仕事終わりになると脚がパンパンになってることが多いと思います!!!

そんな皆様はむ浮腫(むくみ)の可能性が多いです!!!

その原因は血行不良障害や病気から来るものがあり、普通に暮らしていて浮腫むもものは血行不良障害になります!!!

○血行不良障害とは…
血液は心拍の拍動により、体全体に運ばれていきますが、心臓より一番遠い足などには送ることはできても拍動の力では血液を戻すことが不可能にならために血液が脚に溜まってきて毛細血管で各細胞へ血液の交換を行なっていることにより交換がうまく行えなくなり、足に血液の成分が滞ってしまい浮腫(むくみ)になってしまうのです!!!

○対処法としては…
血液がなってくれる心臓での心拍で戻すことができないので、その心臓の拍動代わりになってからのが、ふくらはぎなどの筋肉であり、その筋肉の伸びた縮みの力を使って心臓へと血液を戻す(筋ポンプ)ことになります!!!

簡単に言うと昔では下品と言われていた貧乏揺すりはとても体にとっては有用的なものになります!!!

よう聞かれると思いますが、エコノミー症候群(静脈血栓症)は血液が戻らなくなり、血液の成分がかさぶた状になったものがこの表記にならずが、こちらも新幹線や飛行機などで貧乏揺すりを行うことで血液が固まることもなく静脈血栓症にもなりにくくなります!!!
静脈血栓症になるとかさぶた(血栓)が剥がれて血液の流れにより心臓を通って肺で詰まってしまうことが多いので呼吸困難や呼吸疾患にも切りやすくなりますのでしっかりとやってくださいね!!!

○当院では…
むくみなどがキツイ場合などは、足から血液を心臓に戻すためにふくらはぎの手技を取り入れて、心臓へと血流を良くしてあげることや鍼灸治療でふくらはぎ内側に鍼治療をほどこしたり、ふくらはぎ後面にお灸治療をしてあげて血液の流れを根本的に改善してあげることを行ったり、ウォーターベットに乗りふくらはぎやふともも殿部、腰背部を緩めることにより、血液の流れを良くする方法や、脊柱骨盤の歪みから正常に血液が流れにくくなっていることも多いので脊柱骨盤の矯正を行うことにより血管の位置も正常になりむくみにくい体をつくることができます!!!

今まで受けられた患者様すごく効果があったとのお言葉や貧乏揺すりや歩くこと走ることなどをお伝えしてやってもらうことで脚が大分楽になったとの声もお聞きしています!!!

肩が痛くて挙がらない!!

肩が痛くて挙がりにくいという人も多くいるのではないでしょうか?

それ肩を使ってこられた、40〜50歳代に多く発症する通称五十肩と言われる病気になります!
正式名では”肩関節周囲炎”と言われます!!

肩関節周囲炎とは…
退行性変化によるもので、急激に進むことが多くあり、この年代に多く発症すること多いです!!

○構造上の原因としては…
関節包や腱板などへの石灰沈着、それによる炎症、滑液包や粘液嚢の炎症などと考えられているのです!!

○症状の特徴としては…
肩関節痛と運動制限があります!!
↪︎○肩関節痛とは、炎症症状が強くなる時期があります。
↪︎急性期(痙縮期)は自発痛が生じることが多くなっていて、睡眠時にも多く痛むことがあるのです!!
↪︎慢性期(拘縮期)に移行すると、肩関節の運動痛が主体になって来ます!!

○運動痛は、肩関節の挙上運動•後頭部に手を回す結髪動作(外旋•外転運動)•腰部に手背を当てる結帯動作(伸展•内転運動)などの運動の痛みのために障害されている!!

普通でしたら、1年前後での自然治癒することが多くなっていて、拘縮を残してしまうこともあります!!

○治療としては…
保存的療法が基本的になっているが、腱の断裂などがみられる時は手術を行うこともあります!!

主に肩関節周囲炎の型には次の3つのものがあります!

○上腕二頭筋長頭腱鞘炎と腱板炎、肩峰下滑液包炎、いわゆる五十肩と言うものがあります!!

○上腕二頭筋長頭腱鞘炎とは…
上腕二頭筋には長頭と短頭があり、長頭が肩甲骨の関節上結節から始まって、ほぼ直角に曲がって、結節間溝部を通過する部分で機能的刺激などを受けて炎症症状を起こすものである!!
○症状としては…
肘を曲げた状態で肩関節を屈曲したり、肘を伸ばした状態で肩関節を後ろにした時に、肩関節前面に痛みが起こってしまうものです!!

○腱板炎とは…
肩甲骨についている棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の各腱が上腕骨頭の周囲で、回旋筋腱板(ローテーターカフ)を作り、上腕骨にある大結節および小結節に付着しています。この部分に石灰などが沈着して、腱板炎が発生してきます!!
○症状としては…
肩関節を外側に挙げる時や小さく前ならえをして手を内側と外側に動かしたときに痛みが出ることが多くなっていて、万歳の姿勢から急に腕を下ろしたときにも痛みが出てしまいます。

○肩峰下滑液包炎とは…
肩峰下や三角筋下にある滑液包や粘膜嚢に炎症症状を生じさすものであります!!
○症状としては…
肩関節を外側に挙げて腕と肩の位置が真横に挙げるまでの動きで痛みが生じるため、運動制限が起こってしまいます!!

○いわゆる五十肩とは…
肩関節の周囲の関節包•腱板•滑液包などに全般的に石灰沈着や炎症症状が起こってしまうものであり、肩関節制動症(凍結肩)とも言われております。入院などの長期臥床後や肩関節の外傷後などに起こってしまうことが多くあります。初期は自発痛が強くて、睡眠が妨げられることが多くて、運動制限は万歳姿勢や小さく前ならえして内側と外側に動かすなど各方向にみられている!!

○治療としては…
炎症症状が艶い急性期は自発痛だ悩まされることが多いので、三角巾で腕を吊し免荷をはかったり、寝る時に脇下に枕やバスタオルをはさむなどして、肩関節の負担を軽減し鎮痛をはかる!!

手のこわばり

手の〝こわばり”とはどんなものでしょう!

手のこわばりとは名前の通りでの筋肉の張りがものすごく強くなったものになります。

この手のこわばりはなんの病気で起きるのでしょうか?

それは、関節リウマチです!!!

関節リウマチとは原因不明の多発性の関節炎症状を
主症状とする慢性炎症状の全身性疾患です。
家族性に発症することが多く、男女比は約1:4で
女性に多く、20〜40歳代に発症することが多いです!
風邪などのウイルス感染症や寒冷や湿気などの
環境要因が関係してきます!
症状は1時間以上続く朝のこわばりから
始まることが多いのです。
次いで左右対称に起こる手関節・中手指節関節・
近位指節間関節などの関節腫脹がみられるように
なります。

滑膜の炎症や骨の萎縮が進行すると、手指を中心とした関節の変形を起こすようになります。
手指の変形にはスワンネック変形・ボタン穴変形・
尺側偏位・足指の槌指変形・外反母趾等があります。

膝が曲がる!?変形性膝関節症って?

皆さん『変形性膝関節症(膝OA)』ってご存知ですか?

変形性膝関節症とは、どんな症状なんでしょうか?
っと思う人もいると思います

変形性膝関節症の症状としては膝のこわばり感、立ち上がり時や動作開始時痛や立ち仕事での疲労からくる痛みがあり、退行性変形(加齢)に多い疾患です!!

特に60歳前後の肥満傾向の女性にとても多いと言われています!!

女性は男性の約2.5倍も多いと言われています!!

原因としては半月板の磨耗(摩擦)によるものや新しい骨が出来る(骨棘形成する)ものがあります!!

変形性膝関節症は通称ではO脚と言われています!!

それはというと変形による骨性増殖に伴って、関節部が太くなって来て、両足をつけた状態で長時間の座位が続いてしまうと両膝が大きく離れてしまうことにより内反変形が起こってしまうことからO脚と言われるようにもなってきました!!

膝のお皿(膝蓋骨)に血液物質が溜まり、膝蓋骨が浮いたて動く状態(膝蓋跳動)があります!!

また、運動制限は完全屈曲が困難で正座が取れないということや完全伸展ができなくなる屈曲拘縮が出やすくなります!!

変形や拘縮がが進行していってしまうと大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)が萎縮してしまいやすくなり、筋力低下が著しくなってしまいます!!

今では病院での治療としては保存療法や膝にヒアルロン酸の注射をすることが多くあります!!
特にひどくなってきた患者様には人工関節置換術という人工関節にする手術をすることが多くあります。!!

整骨院や鍼灸院では痛みを圧痛部に刺して痛みを無くしたり、軽減さす効果が見込まれています!!
痛みを無くしたり、軽減さすことでQOL(生活の質)を上げることが見込まれて日常的に動きやすくなります!!

他には日常生活での注意点などもおしえています!!
日常生活では膝に加重や負担をかけないようする事で膝の拘縮を防ぐことができることと大腿四頭筋の萎縮を防止するために仰向けになり膝を伸ばした状態で足関節は甲側にそらしたまま股関節を少し上げた状態で10秒ほど停止する事で鍛えられたりしていきます!!
特に重要になってくるのがリラックスした状態で20回でやり、1キロの重りをつけたりとかもいいです!!

マッスルセッティングといって膝の下にタオルをかまして5〜6秒間膝で圧迫してこれも20回程度していくのもあります!!

整骨治療と鍼灸治療でのアプローチは膝付近の圧痛部位の大腿四頭筋や変形からくる下肢外側関連部位で梨状筋、腸脛靭帯、腓骨筋、前脛部にアプローチを行なっておりますが、私たちにも限界がありますので上記ののトレーニングも簡単なので試してください。

当院でも変形性膝関節症からくる膝の痛みの治療も行っておりますので、是非ともご相談やご来院いただいて治療を受けていくと痛かった時に比べて良くなります!!

女性に多い自律神経障害の一つ! 更年期障害とは?

リンク

皆さん「更年期障害」って言葉は聞くけど何、治るの?って方も多いと思います!!

和泉市ののどか整体整骨院が解説!

女性の卵巣の機能が、40歳以降頃を過ぎた時点から少しずつ低下し始めていきます!!

この低下に伴って、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つ「エストロゲン」というものが急に減少すると、ホルモンの調整をつかさだっている脳の一部である視床下部というところが混乱し、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます!!

その視床下部の混乱は、自律神経にも影響を及ぼしできます!!

自律神経は交感神経(活動時神経)と副交感神経(安静時神経)の二種類に別れた神経で、体温や発汗、呼吸や消化、脈拍、血圧などのコントロールを行っており、一定に保つ働きをしています!!

自律神経の働きが崩れることにより、ほてり・のぼせ・冷え等などにより、身体の中からさまざまな不調が現れてきます!!

特に、更年期障害の症状自体は一体どんなものがあるのでしょうか?
神経系の症状は、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・発汗等)というものや冷え症、手足が冷たい、疲れ、だるさ、倦怠感が多く現れます!
目の症状は、わめまい、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛、頭が重い等が多く現れます!
不眠や入眠困難の症状は不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い、動悸、息切れ等が多く現れます!
消化器系の症状は、食欲不振、腹部膨満感、便秘等が多く現れます!
運動器系の症状は、肩こり、腰痛、関節痛、イライラ、不安があります!!

東洋医学的にみた診断では、更年期障害は一般的には「血の道」と言われているぐらいなので瘀血のことが多くあり、また精神的ストレスの場合だと肝気抑鬱から気滞や血瘀を生じることがあり、増悪することがとても多くあります!!

東洋医学的な治療の目的としては、体調を整えて、自律神経機能や内分泌系の機能も調整を行なって、自身の調整を行うことが大切になってきます!!

東洋医学的治療としては、手技治療と鍼灸治療があります!!

google検索で

和泉市 整骨院

上記をクリックすると問い合わせや予約のお電話やのどか整体整骨院までの道のりがわかります!

youtube動画いいね&チャンネル登録お願いします!

のどか整体整骨院公式チャンネル

スマホの見過ぎで起こる首の痛み

この現代、これを読んでくれている方ほぼ皆さんスマホを持っているのではないでしょうか?
すぐに検索ができて調べ物をできたりアプリで遊べたり本当に便利ですよね~
ただその反面見る時間が長くなり身体への負担がものすごく増えて来ています!
その症状で多い症例を和泉ののどか整体整骨院がわかりやすく解説していきます!

〇胸郭出口候群

「胸郭出口症候群」って聞いたことありますか?なんだか難しそうな感じですか?(笑)

人間の頚のやや前の方、鎖骨の上あたりに胸郭出口という神経や血管の通り道が3つあります。
1つは前斜角筋と中斜角筋という筋肉、2つ目は鎖骨と第一肋骨、3つ目は小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の後方それのどこかで神経や血管が絞扼され圧迫されることで起こる症状の総称を「胸郭出口症候群」と言います。

その中でもその3つのどこで圧迫されているかによって症状や名称が変わります。
その3つを紹介していきます。どれに当てはまるか想像してみて下さいね。

①斜角筋症候群
前斜角筋と中斜角筋の間に通っている神経が圧迫される状態です。頚肋と呼ばれる肋骨のような骨がまれにそれを助長します。血管も圧迫する事もあり症状としては手の薬指と小指の痛みや知覚異常、握力の低下などがあります。30代の女性とくになで肩の方の多い傾向があります。長い時間肩を下げていると症状が悪化します。

②肋鎖症候群
鎖骨と第一肋骨の間をとおる血管や神経が圧迫される状態です。この状態も肩を下げていると指先のチアノーゼ、シビレなどが増強します。

③過外転症候群

足の裏の痛み

歩いているときなどにピキッとした痛みが足裏に出る人もいるとと思います!!

その症状は足底腱膜炎と言われるものになります!!

○足底腱膜の構成とは?
それには足底アーチを構成する骨が存在しております。

そのアーチを構成するのは7つの足根骨と5つの中足骨と14つの趾節骨からなっていて、直立二足歩行をしている人間にとって、足部にとって唯一地面についているもので、体の荷重を直接に感じる部位でもあるため、足部にはアーチが三つ存在している構造になります。

その三つのアーチとは内側縦アーチと外側縦アーチ、横アーチが存在します!

•内側縦アーチ 踵骨、距骨、舟状骨、内側楔状骨、
        第一中足骨からなっています。

•外側縦アーチ 踵骨、立方骨、第五中足骨からなっています。

•横アーチ 足根骨れべるでは、内•外側中間楔状骨からなっていて、中足骨レベルでは、五つの中足骨からなっています。

アーチを構成する骨が存在するのでしたら筋•腱もあります。

アーチを維持をしている構成する筋•腱群があり、深層から
背側骨間筋•足底骨間筋 各趾に作用していて、中足骨レベルの横アーチを維持しております。

短母趾屈筋•短小趾屈筋•母趾内転筋 母趾と小趾に固有に存在して、横アーチを保持作用ももっている。

長母趾屈筋•長趾屈筋•虫様筋•足底方形筋 下腿から足趾への運動機能しております。

母趾外転筋•短趾屈筋•小趾屈筋 内側縦アーチを維持していて、外側縦アーチを保持しています。